平成8年の頃

6帖のプレハブを新築(冷暖房完備)


以前の四畳半タイプを解体撤去して、スズキハウス鉄鋼系ミニハウス六畳
タイプを新築。床をピアノ設置用にして、耐重量&耐防水性のある仕様に
した。それと今回は、濾過系統を別室にすることを計画、実行を試みた。
機密性&断熱性ともに向上が認められたので、年間を通してのルームエア
コンによる室温コントロールが可能となった。これによって水槽の結露な
どが解消された。濾過室は約一畳ほどの広さのものを自作した。この濾過
室には常時100リットル程度の海水を循環濾過及びエアーレーションし
た状態でストックできるものも設置した。水温コントロールは以前と同様
だが、別室にしたことでコンプレッサーや揚水ポンプのノイズから解放さ
れた。                              
快適な空間が確保されたので、おもいきって大型の音響装置と映像機器を
持ち込んだ。水槽前面には、ブラインドを取り付けた。通常は、水銀灯の
部分のみ隠し、プロジェクター使用時は、光で魚を脅かさぬように水槽全
体を覆うようにした。スーパーウーファによる振動はちょっと可哀想だが
いつでも真っ暗な空間で大画面映像が楽しめる環境ができた。     
水槽の照明だけを点灯して、魚の泳ぐ姿を見ながら「ワインを一杯」飲む
ことも可能になる。また、BGMにCDが流れる。(何という贅沢!?)

水槽内部の珊瑚装飾とハタタテなど

濾過専用の別屋内部

左の箱は海水用大型冷却機