平成14年の頃

ファイルは最新マックで制作


 知人から「HTML言語」というものを勉強すれば私の目指すことがで
きる話を聞き早速、教本を探した。まずは、「HTML入門」という本を
購入して勉強開始。これが、数字やアルファベットの羅列と約束事が多く
て理解するには多くの時間を必要とした。その後も、五册の書籍を先生に
して勉強は約二年間続いた。パソコンの中で「文章(テキスト)」、「画
像(イメージ)」、「音(サウンド)」ファイルが融合して出来たものが
モニタ画面に表示されている状況に満足の日々であった。ある日、知人か
ら「何故?インターネットでホームページを公開しないの」といわれても
、ピン!ときませんでした。私のパソコンはまだインターネットに接続さ
れていませんでしたし、私自身「ゲーム」と混同していたのか?「インタ
ーネット」を見たことが無かったのです。早速、ホームページを開設する
準備を始めた。構成ファイルを自分のパソコンだけでなく広範囲に対応し
たものに作り替えらねばならなくなった。「OS」、「Browser」
、ともにバージョン違いなどの対応をチェックする必要があるため、中古
のパソコン(MacとWin)を数台リサイクルショップで調達した。こ
のパソコンには古いバージョンのソフトをインストールして使用した。 
 ファイルのチェックと書き直しは6ヶ月程要したが何とかホームページ
を立ち上げる事が出来た。その後も数カ所の書き直しをして完成させたが
同時に「ホームページ」に対する魅力は無くなり始めていた。それは複雑
なタグの指定によって「テキスト」自体に書体、大きさ、色、動き等の変
化を持たせる事ができるのに、インターネット上ではタグに未対応のブラ
ウザを考慮して使用せず、画像として作ったテキストの塊で構成されたも
のばかりだったからだ。ホームページ作成ソフトを使ったものと特殊なソ
フトなどを使ったものなど、私の考える「手作りの楽しみ」は無かった。
 こうして私の「趣味のパソコン」第一期が終了した。我が家には10台
のパソコンが動いていたがMac以外の4台はリサイクルショップに引取
ってもらった。当面はMacの旧型とSCSI機器を集めてコレクション
しようとあちこちのパソコンショップやリサイクルショップ通いを始めた
。ところが物量が少ないMacは本体の一部が破損していると交換に使用
する部品を手に入れることは容易な事では無く、機種によっては共有部品
を古い専門書籍で調べて本体ごと探した。秋葉原などへ行けば容易に見つ
けられ無駄も少なくできるだろうが、これも楽しみと思い気長に待った。

旧型マックとNEC PC-9821/12で表示チェック

コメントは受け付けていません。